なぜ、ベトナムがアウトソーシングの目的地になるか。

なぜ、ベトナムがアウトソーシングの目的地になるか。

ベトナムはソフトウェアアウトソーシングサービスの新しい目的地として、注目されている。
  • ベトナムはアジアティア1 (Asia Tier 1) の新しい目的地であり、アウトソーシングのトップ5の場所にあります(ガートナーのオフショアサービスのリーディンググローバルロケーション、2016年)。
  • ベトナムはアウトソーシングのトップ10に入る魅力的な市場である(A.T.Kearny 2011 & 2009年指標)
  • ホーチミン市は8年連続でトップアウトソーシング都市である。(Tholons、2009-2016)
  • ベトナムは世界で3番目にオフショアのホットスポットであり、価格面では最も魅力的である(Tower Watson、オフショアサービスランキング2013)
  • ベトナムは、先駆的な目的地とコスト環境で1位にランクされています(Cushman&Wakefieldビジネスプロセスアウトソーシングおよび成形サービスロケーションインデックス、2016〜2017年)
  • ベトナムは2017年グローバルサービスロケーションインデックスで6位である。(A.T.カーニー、2017年)
  • ベトナムアウトソーシングは、日本企業にとって最も望ましいソフトウェアオフショア開発モデルです(Resorz Co.、Ltd、2016)
  • 大勢なIT人材により、ベトナムアウトソーシングは、世界の大手IT企業と協力します。
ベトナムはアウトソーシング業界で大勢なIT人材が集まる。
  • ベトナムはITエンジニアの卒業生が最も多い上位10か国にあり、2015年に128か国(Forbes)で世界経済フォーラムが調査しました。
  • ベトナムはITエンジニアの卒業生が最も多い上位10か国の1つであり、2015年に世界経済フォーラムは128か国(フォーブス)を調査しました。
  • 約130,000人のベトナム人学生が米国に留学しています。米国で6番目、オーストラリアで5番目、日本で2番目です(オーストラリア大使館、ベトナム大学ニュース、日本学生支援機構(JASSO)、2017年)。 この大勢ITエンジニアは、オフショア開発業界を含むベトナムのIT人材プの品質を確認するのに役立ちます。
ベトナムのトップIT企業のTMAソリューションズとは?
  • TMAソリューションズはベトナムアウトソーシングのトップ50のIT企業の中で、認められ ています 。
  • TMAソリューションズはベトナムオフショア開発に向けて、様々なITサービスを提供します。
  • ベトナムのアウトソーシング会社として、23年の経験を持って、海外からの取引先が27ヶ国に達しています。
  • ベトナムのトップアウトソーシング企業として、TMAソリューションズには、ベトナムの大規模なITリソースから選ばれた2,600人の熟練したエンジニアがいます。

ベトナムアウトソーシングした大手IT企業

NTT-TX Sharp Toshiba Hitachi AISIN AW Mitsubishi Electric TechOne SuperConcepts GBST Ericsson Sierra Avaya Ribbon NEC ZeeVaa
ベトナムアウトソーシングカンファレンス2019(VNITO2019)
ベトナムアウトソーシングカンファレンス2019(VNITO2019) ベトナムITOコンファレンス2019、メインテーマは「ベトナム-イノベーションの出現先」で、ベトナムIT産業の全体像を描くためにホーチミン市で10月23日から25日まで開催されました。様々な活動(会議、展示会、ビジネスマッチング、ガラディナー、ソフトウェアパークツアーなど)とパネルディスカッション(ベトナムのIT産業情報とデータ、IT人材、教育とトレーニング、製品革新とソリューション、ベトナムオフショア開発)の様々なトピック など)、イベントには500人以上の参加者が集まり、そのうち150人は多国籍のゲストで、ベトナムでITサービスとITソリューションを探している企業にすばらしい情報を提供しました。
イベントの詳細についてはこちらのリンクをご参考ください。
http://vnito2019.vnito.org
ベトナムソフトウェアアウトソーシングホワイトペーパー:
  • 「ベトナムのエンジニアリング労働力の競争力」:ベトナムのエンジニアリング労働力のポジティブランドスケープに関する教育機関のバックグラウンドと専門的なパフォーマンスの両方に関するグローバルな研究組織の事実と数値。
  • 「ベトナムのソフトウェアアウトソーシングベンダーを選択するためのチェックリスト」:ベトナムを次のオフショア開発先と検討するための基準が含まれています。
  • 「テクノロジージャイアントがベトナムに移る。なぜそしてあなたはそれを追うのか?」:フォーチュン500テクノロジー企業がベトナムアウトソーシングをソリューションにした理由をご覧ください。