ソフトウェアオフショア開発でベトナムを選ぶ理由?

ソフトウェアオフショア開発でベトナムを選ぶ理由?

ベトナムは、ソフトウェアオフショア開発/ソフトウェアアウトソーシングサービスの新しい目的地として注目されています

  • ベトナムはアジアのティア1エマージングマーケットの位置であり、ソフトウェアオフショア開発/ソフトウェアアウトソーシングのうち5位( Gartnerのオフショア開発サービスのリーディンググローバルロケーション、2016年)。
  • ホーチミン市、トップのソフトウェアオフショア開発/ソフトウェアアウトソーシングシティ、8年連続(Tholons、2009-2016)。

  • ベトナムは、世界のソフトウェアオフショア開発/ソフトウェアアウトソーシングホットスポットで第3位、競争コストで第1位です(Tower Watson、Services Offshoring Rank 2013)。

  • ベトナムは、先駆的なロケーションとコスト環境で1位にランクされています(Cushman&Wakefieldビジネスプロセスアウトソーシングおよび成形サービスロケーションインデックス、2016〜2017年)。

  • ベトナムは2017グローバルサービスロケーションインデックスで6位です(A.T.カーニー、2017年)。

  • ベトナムは、日本企業にとって最も望ましいソフトウェアオフショア開発/ソフトウェアアウトソーシング先です(Resorz Co.、Ltd、2016)。

  • APACにおける「ティア1新興オフショアアウトソーシング対象国」として選出される。 (Gartner, 2016年)

  • ベトナムは「デジタルの国トップ50」の内が7位、ホーチミン市は「スーパーシティトップ100」の内が28位、ハノイは32位 (Tholons, 2018年)

  • ベトナムは「世界のアウトソーシング対象国(オフショア市場)の魅力度ランキング」で5位にランクインしています (KEARNEY ,2019)

オフショア開発先としてのベトナムの大規模な人材プール

  • 高いスキルとモチベーションの高い豊富なIT人材プール:労働人口の黄金期:人口約9,600万人。人口の約65%が35歳未満。識字率は98.5%。ICT教育:約300の大学と専門学校でICTトレーニングを提供。ICT履修生徒数は約55,000人/年Vietnam ICT White Book, 2017年)

  • ベトナムはエンジニアリングの卒業生が最も多い上位10か国にあり、2015年に128か国(Forbes)で世界経済フォーラムが調査。

  • 供給は長年にわたって需要を超え続けるでしょう。
  • およそ130,000人のベトナム人学生が海外に留学しています:米国で6位、オーストラリアで5位、日本で2位(オーストラリア大使館ベトナム、University World News、日本学生支援機構(JASSO)、2017年)。

低い人件費よりオフショア開発傾向も増やす

  • ベトナムでのITエンジニアの採用コストは、日本よりも30〜60%低くなっています。 オフショア開発活用経費を言っても中国より30%から40%少ないです。

オフショア開発への要望の変化

おそらく2017年以降、オフショア開発の本当の需要は変化しました。 開発コストを削減するための需要は減少しており、高品質の人材と高品質の開発を確保する必要性、上流の仕事と研究開発センターが増加しています。 日本や欧米での人材不足に加え、付加価値の高い仕事がベトナムに移り、オフショアモデルの開発が次第に新しいレベルに押し上げられています。
現在、多くの日本企業は事業分野を拡大しており、ソフトウェアシステムを開発するIT業界は常にこの目標に関連しているため、オフショア開発が最良のソリューションです。

TMA Solutionsでのオフショア開発

オフショア開発センターモデル(ODCモデル)

  • オフショア開発センターは、他の国の顧客にITSを提供するチームまたは会社です。ベトナムオフショア開発の場合、ODCは最も人気のあるモデルであり、ベトナムの多くのIT企業から提供されています。これは、特に人材リソースに関して、顧客の要件の大部分を満たしているためです。基本的なオフショア開発センターモデルには、アカウントマネージャー、プロジェクトマネージャー、UI / UXデザイナー、開発エンジニア、テストエンジニア、ブリッジシステムエンジニア(BrSE)が含まれます。ベトナムのオフショア開発の場合、特にTMAソリューションには、品質管理チームがいます。ベトナムのIT企業とベトナムのオフショア開発のイメージを強化するために、市場に投入する前に製品の品質を確保します。
  • 生活費の安い国であるベトナムに拠点を置くベトナムIT企業とのコラボレーションは、顧客を支援し、オフショア開発センターモデルを使用する際に大幅なコストを節約します。低コストにもかかわらず、製品の品質は、エンジニアの品質だけでなく、オフショア開発センターのおかげで、UI ・UXスペシャリスト、プロジェクト管理、財務、人事業務などの他の部門のサポートによっても保証されますここではTMA Solutionsである親会社内で実行されているチーム。さらに、ベトナムオフショア開発で最も古く、最も評判のよいベトナムIT企業の1つであるTMAソリューションは、常に新しい技術や機器からコースまで、オフショア開発チームに最も必要なニーズを提供します。テクニカルスキル、さらにはソフトスキルのトレーニングなので、ベトナムのオフショア開発業界では、ベトナムIT企のTMAソリューションズが常にお客様から信頼されています。

TMA Solutionsにはベトナムでトップのソフトウェアオフショア開発・ソフトウェアアウトソーシング企業ですか?TMAでオフショア開発センターを活用できるのはなぜですか?

TMAソリューションは、最大かつ最古のベトナムIT企業の1つとして、通常のオフショア開発サービスよりも多くのメリットをもたらします。現在までの23年歴史的ベトナム全土、さらには海外からベトナム国内の最高大学からの2,600人以上のエンジニアが採用されており、トレーニングを受け、世界27カ国から大小さまざまなオフショア開発プロジェクトによって洗練されています。これは、ベトナムのオフショア開発に豊富な人材を提供するだけでなく、ベトナムのIT企業であるTMAソリューションが国内外のさまざまな文化と交流する機会を提供し、それによって世界中の顧客の多く分野及ぼニーズをよく理解する。
さらに、顧客のニーズ全体に対応し、技術革新をリードするために、TMAソリューションが開発されています。

  • TMAデザインセンター(ホーチミン):300以上のデザインUI / UX製品を備えた2016年に設立されたUI / UXセンター
  • TMAイノベーションセンター(ホーチミン)テクノロジー4.0の4つの領域(AI / ML、データサイエンス、IoT、ブロックチェーン)に焦点を当てたリサーチセンター
  • TMAイノベーションパーク(ビンディン):特に、TMAイノベーションパーク(面積15.7ヘクタール、ソフトウェアセンター、トレーニングセンター、研究技術移転センター、データサイエンスセンターなどの項目を含みます。プロジェクトには、TMAのお客様のためのリゾート地、ラントイプロジェクトもあります。ベトナムのオフショア開発のためのより質の高い人材のためのトレーニングセンターになることが期待されている短期的な仕事のためにここに来るときに従業員)、将来的には、ベトナムはもはやオフショア開発サービスを提供する場所だけでなく、一連の最先端のテクノロジーとともに、多くの大小のテクノロジー投資家を引き付ける場所です。

ベトナムのIT企業であるTMAソリューションは、さまざまなオフショア開発プロジェクト

などに自信を持っています。 さまざまな分野

などの経験がある。

オフショア開発を導入するために...

TMAソリューションズでは、今後オフショア開発を導入したい企業さまのために、オフショア開発についての相談をお受けしたり、オフショア開発の導入方法及び実績の紹介させていただきます。

 ベトナムオフショア開発の代表であるTMAソリューションについて、顧客はどのように述べましたか? 


「当社は常に、より高い品質を達成するためのプロセスを改善することを目指しています。 TMAのチームアクションは迅速に受け入れられ、プロセスの変更に適応します。 新しいプロセスや変化するプロセスに適応して調整することをいとわないビジネスパートナーがいる場合、より高い品質を達成するための取り組みは、はるかに簡単かつ迅速になります。 」
 Avaya(米国)、エンジニアリングディレクター、Karen Holliday 

「管理チームは注意深く、フィードバックに応答し、継続的に効果を向上させるイニシアチブを示しています。 TMAとのパートナーシップにより、人件費を大幅に削減し、高価なラボ機器の24時間稼働率を高めることができました。 」
リボン(米国)、エンジニアリングディレクター、ネットワーク管理およびセキュリティ、Lori Ciaralli

ベトナムに外注している世界の主要企業はどれですか

NTTテクノクロスは、NTT研究所の最先端技術をはじめ、国内外の優れた技術・商材を掛け合わせることで、お客様のビジネスシーンに最適なソリューションを創出します。さらに、さまざまな業界の方々、お客さまとのまじわりを通して、時代に先駆けたサービスを提供し続けます。 世界No.1のトランスミッション、ナビ専門メーカー「アイシン・エィ・ダブリュ株式会社」の企業サイトです。スマートフォン用カーナビアプリの開発にも取り組んでいます。 テクマトリックス株式会社 コンタクトセンターCRM、医療、ネットワーク,セキュリティ,ソフトウェア品質保証,インターネットサービス SuperConcepts Ubidenユビ電は、電気を使いたい人と、電気を使わせてあげる人を、デジタルでつなぐIoT充電サービスです。 GBST TechnologyOne Sierra Avaya Ribbon ズィーバーコミュニケーションズはCTIシステム構築、Webアプリケーション構築、インフラ構築、運用保守、製品情報のサービスを提供する会社です Nokia

ベトナムITオフショア開発会議2019(VNITO 2019)

ベトナムのITOカンファレンス2019は、「ベトナムイノベーションの新たな目的地」をメインテーマとして、10月23日から25日までホーチミン市で開催され、ベトナムのIT業界の全体像を描きました。 ディスカッション、展示会、ビジネスマッチング、ガラディナー、ソフトウェアパークツアーなど。参加する約300のベトナム企業が登録しました。 イベントには500人以上の参加者があり、150人の多国籍ゲストが参加しました。 VNITO 2019は、ベトナムオフショア開発向けの企業と韓国、日本、米国の企業間の貿易を促進するために200以上のオフショア開発活用につての会議を組織しました...
 
会議に参加した参加者は、以下について知る機会を得ました。ベトナムのIT産業情報とデータ、ベトナムのビジネスと投資環境:
  • 人事、教育・訓練、労働市場、インフラなど。
  • 革新的な製品とソリューションを紹介するソリューションプロバイダー。
  • 競争上の優位性を高めるための新技術のケーススタディを求めて探検家。
  • オフショア開発向けのビジネスマッチングとベトナムのトップITOおよびBPO企業の訪問。
  • オフショア開発向けの潜在的なビジネスパートナーに会い、交流し、見つける機会。

ベトナムIT開発業界でのITサービスと人材を探している企業は、イベントから多くの活動で素晴らしい情報を見つけることができました:

  • 最新のデータと洞察を備えた会議。
  • 多くの役立つトピックを含むパネルディスカッション。
  • ベトナムのトップIT企業とのビジネスマッチング。(ベトナム国内及び海外からのオフショア開発要望がある企業)
  • テクノロジーおよびソフトウェアパークツアー。(ベトナム国内及び海外からのオフショア開発要望がある企業)
  • 祝賀会。
  • 市内見物。

イベントの詳細については、http://vnito2019.vnito.org にアクセスしてください。

ベトナムソフトウェアオフショア開発/ソフトウェアアウトソーシングホワイトペーパー