オフショア開発の強み

オフショア開発の強み

日本のIT業界は、深刻な人材不足と高騰する人件費問題に直面しているのが現状です。IT人材の採用や、自社のリソースでのシス テム開発が段々困難になっていくとオフショア開発を活用するかと考える顧客様が多くいらっさいます

「オフショア開発」とは?


オフショア開発は、海外の組織・企業向けにソフトウェア開発、ウェブシステムズ、ウェブ・モバイルアプリケーション、ソフト品質の検証などを提供するサービスです。 現在の困難で競争の激しい経済状況では、世界中の多くの企業がオフショア開発を好みます。これは、オフショア開発のための人材リソース、開発エンジニアリングコストの確保などの実用的なメリットをもたらすためです。 特に、ベトナムのIT企業とベトナムのオフショア開発には豊富で多様な訓練を受けた人材があり、さらにベトナムのオフショア開発には税制上の優遇措置もあります。これはITSを必要とする企業にとって大きなメリットです。

ベトナムオフショア開発モデルとは
オフショア市場として魅力的な国


ベトナムオフショア開発は、ITソリューション、ソフトウェア開発、ウェブサイト、モバイルアプリケーションなどを求める多くの企業にとって次第に選択肢となります。 CIO Magazineによれば、ベトナムのオフショア開発は、米国のオフショア開発よりもコストが90%低く、インドのオフショア開発よりも30%〜70%低くなっています。さらに、ベトナムのオフショア開発があなたのビジネスに選ばれるべき理由をいくつかの統計が証明しています:

  • ベトナムはアジアのティア1新興市場の場所であり、オフショアソフトウェア開発/ソフトウェアアウトソーシング企業の上位5社です(ガートナーのオフショアサービスのリーディンググローバルロケーション、2016年)。
  • ホーチミン市、トップオフショアソフトウェア開発/ソフトウェアアウトソーシング市、8年連続(Tholons、2009-2016)。
  • ベトナムオフショア開発は、世界のオフショアソフトウェア開発/ソフトウェアアウトソーシングホットスポットで第3位、競争コストで第1位です(Tower Watson、Services Offshoring Rank 2013)。
  • ベトナムは、先駆的な場所とコスト環境で第1位にランクされています(Cushman・Wakefield Business Process Outsourcing and Molding Services Location Index、2016-2017)。
  • ベトナムは2017年グローバルサービスロケーションインデックス(ATカーニー、2017年)で6番目です。
  • ベトナムオフショア開発は、日本企業にとって最も望ましいオフショアソフトウェア開発/ソフトウェアアウトソーシングソリューションです(Resorz Co.、Ltd、2016)。


ベトナムのIT企業のメリット

ソフトウェア開発業界の高いスキルとモチベーションの高い豊富なIT人材プール:

ベトナムはエンジニアの卒業生が最も多い上位10か国にあり、2015年には世界経済フォーラムが128か国を調査しました。(フォーブス)
供給は長年にわたって需要を超え続けるでしょう。
約130,000人のベトナム人学生が米国に留学します。米国で6番目、オーストラリアで5番目、日本で2番目です(オーストラリア大使館ベトナム、University World News、日本学生支援機構(JASSO)、2017)。


合理的な人件費:

ベトナムでのITエンジニアの採用コストは、日本より30〜60%低くなります。 経費も中国より30〜40%少ない。

 

「オフショア開発」への要望が変化?

おそらく2017年以降、オフショア開発の本当の需要は変化しました。 開発コストを削減するための需要は減少しており、高品質の人材と高品質の開発を確保する必要性、上流の仕事と研究開発センターが増加しています。 日本や欧米での人材不足に加え、付加価値の高い仕事がベトナムに移り、オフショアモデルの開発が次第に新しいレベルに押し上げられています。現在、多くの日本企業は事業分野を拡大しており、ソフトウェアシステムを開発するIT業界は常にこの目標に関連しているため、オフショア開発が最良のソリューションです。

 

オフショア開発センターモデル(ODCモデル)とは何でしょうか。

オフショア開発センターは、他の国の顧客にITSを提供するチームまたは会社です。ベトナムオフショア開発の場合、ODCは最も人気のあるモデルであり、ベトナムの多くのIT企業から提供されています。これは、特に人材リソースに関して、顧客の要件の大部分を満たしているためです。基本的なオフショア開発センターモデルには、アカウントマネージャー、プロジェクトマネージャー、UI / UXデザイナー、開発エンジニア、テストエンジニア、ブリッジシステムエンジニア(BrSE)が含まれます。ベトナムのオフショア開発の場合、特にTMAソリューションには、品質管理チームがいます。ベトナムのIT企業とベトナムのオフショア開発のイメージを強化するために、市場に投入する前に製品の品質を確保します。

物価が安い及び治安が良いベトナム国でのIT企業と協力することで開発コスト削減だけでなく、人材リソース課題も解消でき、また顧客様の本社の開発チームと同様品質高いソフトウェア生産も出来上がる。それだけでなく、開発チームと同行にHR,財務、人事部、トレーニング部及び世界標準のプロセスのPM、BrSE、ビジネス分析部署も支援してあります。

さらに、ベトナムオフショア開発で最も経験があり、最も評判のよいベトナムIT企業の1つであるTMAソリューションは、常に新しい技術や機器からコースまで、オフショア開発チームに最も必要なニーズを提供します。テクニカルスキル、さらにはソフトスキルのトレーニングなので、ベトナムのオフショア開発業界では、ベトナムIT企のTMAソリューションズが常にお客様から信頼されています。

TMAでオフショア開発センターを活用できるのはなぜですか?

TMAソリューションは、最大かつ最古のベトナムIT企業の1つとして、通常のオフショア開発サービスよりも多くのメリットをもたらします。現在までの23年歴史的ベトナム全国、さらには海外からベトナム国内の最高大学からの2,600人以上のエンジニアが採用されており、トレーニングを受け、世界27カ国から大小さまざまなオフショア開発プロジェクトによって洗練されています。これは、ベトナムのオフショア開発に豊富な人材を提供するだけでなく、ベトナムのIT企業であるTMAソリューションが国内外のさまざまな文化と交流する機会を提供し、それによって世界中の顧客の多く分野及ぼニーズをよく理解する。

さらに、顧客のニーズ全体に対応し、技術革新をリードするために、TMAソリューションが開発されています。

  • TMAイノベーションパーク(ビンディン):特に、TMAイノベーションパーク(面積15.7ヘクタール、ソフトウェアセンター、トレーニングセンター、研究技術移転センター、データサイエンスセンターなどの項目を含みます。プロジェクトには、TMAのお客様のためのリゾート地、ラントイプロジェクトもあります。ベトナムのオフショア開発のためのより質の高い人材のためのトレーニングセンターになることが期待されている短期的な仕事のためにここに来るときに従業員)、将来的には、ベトナムはもはやオフショア開発サービスを提供する場所だけでなく、一連の最先端のテクノロジーとともに、多くの大小のテクノロジー投資家を引き付ける場所です。

 

ベトナムのIT企業であるTMAソリューションは、さまざまなオフショア開発プロジェクト

などに自信を持っています。 さまざまな分野

などの経験がある。

他のサービス

TMAの作業環境とインフラストラクチャは何ですか?

TMA支社はベトナムで人材を増やすために構築されています:

  •  ホーチミン市:TMAが所有する6つの建物。平均収容人数は1000〜2500人。
  • Qui Nhon:3,000人の情報技術エンジニアを収容できるイノベーションパークの構築。 2020年第4四半期に完了する予定です。